This Archive : 2012年10月

--.--.-- *--*

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012.10.22 *Mon*

すごい人。

: Diary :
先週の週末、以前も書いた、研修者交流会に
すごい人が講演されました。



伊藤 穰一氏



皆さんご存知ですか??




まぁ私は、その日まで知りませんでした(笑)
完全にミーハーです


この方は
2011年~MITのMedia labの所長になられた方です。
インターネットの第一人者です。
結局、肩書は何かと言われると謎ですが
大きく言えば、投資家らしい。

仲良くしてる友達の何人かもMedia labに所属してますが
メディアラボってすっごい研究室らしいです。

世界の最先端の研究が日々されていて
世界中からこのラボに入りたくて毎日何百人ものApplication(願書)が届くらしい。


そのMedia Labの所長に就任した伊藤氏。
おそらく日本で一番有名では!?!?













そんなこんなで滅多にない機会なので
お話を聞きに行きました。

普段研究者の人とお話してても
分からないことが大半です。


でも
ここまで一流の人のお話。

なんと面白い。

分野関係なくどの分野にも通じるお話ばかりでした。







まず最初に伊藤氏が質問したのは
「幼稚園ぐらいの時、自分には才能があって、その才能を伸ばす自信は10のうちどのくらいでしたか?」

という質問。

みんなの答えの平均は8ぐらい。


次の質問は
「では、今、その才能をまだ伸ばし続ける自信は10のうちどのくらいですか?」

答えの平均は4~5に下がります。



大人になるにつれて
色々なものに苛まれ
自信さえも失っていく今の時代。
それではinnovationはなかなか起こらんとおっしゃってました。
なるほど。

そもそも、今もなお、Innovationを起こす人って
型にハマってない人。

でも日本企業では
型にハマってない人は邪魔者扱い。
でもInnovationを起こせと言われる。
矛盾な社会です。。。。。。





もう一つ面白かったのが
昔と今では新しいことを起こす順序が違う。

昔は

企画書を作成する人

お金集め

何かが出来上がる

という順番だったのが

今は

何かが起こる

勝手にお金が集まる

これをどう維持しようか考える





なるほど。


たとえばFacebookとかGoogle。

Facebookが出来て
それが爆発的人気で
それに投資する人が集まり
今、それを維持するために色んなアイデアと改良がされる




面白い見方やなぁと思いました










私が一番心に残ったのは
ラッキーな人とアンラッキーな人の違い。

ラッキーとかツイてると言われる人は
ただラッキーなんじゃなくて
常に周りに目を向けてしっかりチャンスを見ている。

アンラッキーな人は
一か所にしか目を向けれていない人。


なるほど、なるほど。



伊藤氏はキノコ狩りの例を挙げていました。
キノコ狩りが上手な人は
全体を一歩引いて、まんべんなく周りが見えてると。


ほぉぉぉぉ。なるほど、なるほど。
勉強になる。












あと、
伊藤氏が投資する上で決めてることは
投資する相手は自分の知り合いか知り合いの紹介。
そして投資した先が上手くいかなくなったときは
良くも悪くも切り捨てて、次へ行く。
失敗を恐れない。

ほぉぉぉぉ。

とにかく失敗を恐れないでと何度もおっしゃってました。

成功から学ぶことは何一つない
失敗から学ぶことは無数にある

その通りですよね。。。。















伊藤氏はどの分野の人とも対等に話されていました。
そもそもボストンに来ている研究者は
その分野でかなり優秀な人が集まってる上に
分野は様々。
そんな研究者と、交流会の後の懇親会でも色んな人の質問に答えてはりました。


ボストンに来てなかったらこんな人のお話は聞けなかったでしょう。。。。
ミーハーついでにちゃっかり写真(笑)
私の後ろに立ってらっしゃる方です☆
photo (14)



スポンサーサイト

2012.10.16 *Tue*

本番~♪

: Diary :
先週の週末
無事に今セメ第1回目の本番が終了しました~
パチパチパチパチ~!!!!!


いやぁ~
今回の本番は色々あったのでございますよ。

私がもらった課題は3シーン。
モーツァルトの「魔笛」から
No.5の3人のLadiesとTamino&PapagenoのシーンのLady2
Finaleの3人のSpiritsとPaminaのシーンのSpirits2
ベートーヴェンの「フィデリオ」から
RoccoとLeonoraとMarcellinaのシーンのMarcellina




モーツァルトの2シーンは常に3人で歌い、私は真ん中パート。
合唱で言えば、ずっとメゾパートみたいな感じ。

なので、どうしても私の声は聞こえない。やっぱり一番上の人の声が聞こえます。



ということで、
今回はベートーヴェンに命を注ぎ込んでいたわけですよ。
やっぱり一人で歌いたいじゃないですか!?!?



しかし、出だしが悪かった。。。。。。
このベートーヴェンのシーン、
担当したのがNorikoさんではなく、Tomだった。
Tomは。。。。。
ピアノ上手く弾けないし、間違った音歌ってても気づかない(笑)

しかも、一緒に歌うのは
マイペースAttilaくん&ソルフェージュ能力0のCarlaちゃん。

ただでさえベートーヴェンは難しいのに
この2人とTomにかかれば、
音楽はぐっちゃぐちゃ
いつまで経ってもレッスンは音取りばっかり。
しかもCarlaが音間違って歌っててもTomは気づかず。。。。
そりゃぐちゃぐちゃよ


結局、暗譜テストの日、
ぐちゃぐちゃのままで、Passするわけもなく・・・・・
このシーンはカットされてしまったのです

あぁ、、、、私の唯一のシーンが。。。。。








と、凹んでたのです。







しかし、ある日、
Donnaがもう一度チャンスをくれたのです。

本番まで1週間。
今からTomではなく、Norikoさんと練習してみなさい。と。

3人で頑張りましたよ・・・・
あ、中国人Yanちゃんも私と同じ役で歌ってましたが、彼女はこの際、どうでもいい(笑)


Norikoさんが必死で音楽作りを教えてくださり。。。。
(そうそう、まず音楽を理解しないと!!ただ音を取るのでは、いい音楽は作れない!!
その音楽を教えるのがTeacherの役目なのです!!Tom。。。。。)

私が必死でCarlaの練習に付き合い。。。。。


本番前日のリハーサル。
この時点までなんとかDonnaにもOKをもらってたのですが、
最終リハーサルの時に
Carlaが一か所、パニックに陥り。。。。。
音楽が頭と体にしっかり入ってればすぐに戻れるのですが
彼女のようにソルフェージュ力がないと
一回パニックになるとなかなか戻れないし、誤魔化せない。
Carlaも一生懸命練習して、練習の時は上手く歌えてたのに。。。。。
もちろんYanもぐちゃぐちゃ。



リハーサル後
Donnaは「This scene is cut. I'm very disappointed in you. excepted Rieko.」

ん??
Excepted??

おぉぉぉぉ!!
私は最初からしっかり歌ってたので
そこはDonnaはちゃんと見てくれてたのです~!!

ほんで12月の演奏会では私にはExtra sceneを渡すから
って言ってくれました



真面目に勉強してますからね
でもこの当たり前のことをみんなはなぜしないのだろう??

難しいシーンなのは分かる。確かに難しい。
でも難しいなら練習すればいい。
ってDonnaもいつも言いますが、当たり前のことでしょ。。。。。

私は私のわが道をまっすぐ
ぐんぐん進むのみ。




いやぁ~
ストレスの溜まる本番やった(笑)
私の本番へのモチベーションも上がらん上がらん。
でもやっぱり本番は楽しかった
もう本番の前から次の本番へ気持ちを切り替えて頑張りました(笑)

次はどんなドラマがあるのだか。。。。。。

2012.10.09 *Tue*

The most famous band in Japan!?

: Diary :
9月の最終週の週末にNew Yorkへ行ってきました☆

お目当ては・・・・

B'z!!!!!!!




B'zがアメリカのツアーをやっていて
NYCでLIVEをするということをYushiroさんがTwitterでつぶやいて
そこからみんなが行きたい~ってなって
Bostonからも20人近い人が行ってました(笑)

私はもともとB'zには興味はなかったのですが。。。。
日本ではめっちゃ大きなところでしかLIVEはしないし、
NYはスタンディングで小さなLive会場やし、
なかなか行く機会もないしと思って参加。動機不純??笑







日曜日のLIVEに備えて、土曜日の夕方~NYへ☆
土曜日の夜はみんなでParty!!

NYに居る日本人&Boston組の日本人
合わせて20人ぐらいが集まりました。

しかも世界は狭い。
結構、みんな知り合いの知り合い・・・・とか
去年までBostonに居たとか。

また素敵な出会いがたくさんありました。







日曜日。
問題は

何時から並ぶか!?!?

開演は19:30
会場は18:30



サンフランシスコからきてたB'z大ファンくんは
15:00から並ぶと言ってたが。。。。
15:00から並べば一番前で見れると。

う~ん。。。。見るなら一番前がいいけど
真ん中で埋もれて人にもみくちゃにされるのはイヤ。。。。。

ただでさえ背も低いのに、全く見えないやん!!





昼間は大戸屋という定食屋(東京では有名なチェーン店)で定食食べて
photo (6)
鶏と野菜の黒酢♪(写真大きくてごめんなさい。。。小さくできなくて。。。。Help me。。。)

NYといえばユニクロへ行って。

あ、そうそう、このブランド。
Superdry~極度乾燥しなさい~
photo (7)
アメリカでは結構有名なブランドらしい。
このTシャツを着てる人を見つけた時は、Marikoさんと大爆笑しました。

しかもOSAKAのTシャツも発見!!
見にくいけど下の方に「会員証な」と書いてます(笑)
大阪人であることの会員証でしょうか??笑
photo (8)




っとまぁ
こんな具合にぶらぶらしてたら
ホテル戻ったらすっかり3:00過ぎ。

みんなはそれでも少しでも前で見る!!と言って
はりきって並びに行く・・・・・


私とKakuさんとTsunoさんの3人は
もみくちゃにされたくないし、並びたくないと
またブラブラしに行くことにしました笑
(ちなみにKakuさんは加来という漢字、Tsunoさんは津野という漢字。
二人とも“角”ではない!!)

そして3人でたどり着いた先は・・・・
photo (9)
Yes!!!牛角in NYC!!!!!!
大戸屋でご飯食べたばっかりやったけど
お肉は食べたい!!
と3人で塩タンとカルビだけ食べました☆
これがまたまた美味しい!!!
日本で牛角行ったことないのですが
日本の牛角より美味しいらしいです

来月、オペラ見に、またNYへ行くので
牛角は外せない!!笑





3人で焼肉堪能して
ブラブラして
やっと並ぶ気になったのは18:00前(笑)

すっごい長蛇の列。
日本人の長蛇の列がNYのブロードウェイのど真ん中に出来上がり。
ブロック1つ分ぐらいの長い列。
道行くアメリカ人は!?!?!?って感じで通り過ぎる・・・・
photo (10)

めんどくさがり3人組(笑)photo (13)




やっと開場時間になって中に入ると・・・・
せまっ!!!!!!

みんなは前から4列目ぐらいのスタンディングの場所で発見。
あぁぁぁぁぁぁ最悪にもみくちゃにされる場所や。。。。

私たちは
端っこやけど前の方をゲット。
しかも車イスに乗ってる方々が見る場所の横をゲット。
静かやし、人も少ないし、近い!!
photo (11)
青いライトのところがもうステージ。


photo (12)
会場はこんな感じ。
日本ではありえないくらい狭し!!!!!












いや~、稲葉さんはほんまにかっこよかった・・・・
出てきた瞬間、鳥肌。
やっぱ日本のスターですな。。。

お客さんは中にはアメリカ人もけっこういて、
意外でした☆
曲もウルトラソウル!!とか英語で歌ったり・・・・・


もみくちゃにされることは全くなく
のんびり楽しみました。

みんなはLIVE後は汗だく、後日筋肉痛に悩まされてましたが
私は何ともなく♪
そりゃそうだ。




こんな感じで
翌日は朝6時半の飛行機で朝7時半にBostonに着いて
授業へ行きました!!
意外に元気でしたよ


B'zはしばらくハマるかも!?!?

2012.10.03 *Wed*

英語の発音。

: Diary :
この夏、日本に長い間帰っていて
色々と考えてました。
帰国した後、自分はどんな仕事ができるのか。。。。。


それはやっぱり英語。


今、アメリカのオペラのアリアを勉強してます。
夏に帰る前にNorikoさんに課題でもらっていて
夏の間練習して、今セメで人前で歌えるぐらいにしようかと。






英語で何が一番難しいかって
schwaの発音。
日本語で言えば曖昧母音。
たとえば
birdとかtogetherとか。
[bə'ːrd] [təge'ðər]

バードでもなければトゥギャザーでもないんですよ!!!!!


確かにFrenchでもGermanでもこの母音は出てきますが
英語は出てき過ぎる!!(笑)


このschwaを作ろうと思うと
舌のポジションはOpened E で唇の形はopened Oなのです。
そして舌に絶対力を入れない!!

そもそも英語は横に開いたり、舌が固まると絶対歌えません。


それをNorikoさんのレッスンでビシバシしごかれて
今週、意を決してDonnaのレッスンで歌いました
伴奏弾く前にNorikoさんが「Rieko!!頑張れ!!」って小さい声で言ってくれたぐらいに
Norikoさんと二人で密かに頑張っていたのです。




結果は
Donnaはめちゃめちゃ私の英語を褒めてくれて
気に入ってくれました!!
いやぁ~、頑張ってよかった☆

去年から英語の発音は褒められてはいたのですが、
アリアは初めてだったので嬉しかったです





この夏に帰った時も大学時代の先生の門下生が
発表会でブロードウェイメドレーをするというので
何度か英語の指導に行かせてもらってました。

私もそうでしたが、日本の学生は何も知らなさすぎる!!
ほんまに日本の音楽教育は遅れてるなと痛感します。

その発表会も無事に終わったようで、大盛況だったようです。



英語の話す発音と歌う発音は全く違うのです。。。。。
なかなか歌う発音を指導する人はいないので
卒業するまでにしっかり勉強します~!!

プロフィール

Rieko

Author:Rieko
2011年9月~Longy School of Musicへ入学し、Operaを勉強中



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



10
1
2
4
5
6
7
8
10
11
12
13
14
15
17
18
19
20
21
23
24
25
26
27
28
29
30
31
Copyright © ぼすとんのにっき All Rights Reserved.
テンプレート配布者: サリイ ・・・ 素材: chaton noir ・・・
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。